樹脂粘土でつくるミニチュアフードVol.11〜イングリッシュマフィンサンド作ってみた〜

樹脂粘土でつくるミニチュアフードVol.11〜イングリッシュマフィンサンド作ってみた〜

皆さんこんにちは、Sarahです♡

最近は増えてきたミニチュアフードをどんな風に飾ろうかなぁ〜?と色々想像して楽しくなることが多いです(´∀`*)

気長にどうするか考えていこうと思います!

Advertisement

今号の内容

それではアシェットから発売中の樹脂粘土でつくるミニチュアフード
第11号についてご紹介していきますね♡

私なりの作り方のコツや気をつけた点、感想もありますのでお付き合いください

つくれるもの

今号で作れるのはイングリッシュマフィンサンド

イングリッシュマフィンサンド

トーストしてザクザクのイングリッシュマフィンにハムなどの具材を挟んだ、
主にイギリスで朝食として食べられているパンです♪

付属アイテム

今号に入っているアイテムは全部で4つ!

  • 樹脂粘土(白)
  • アクリル絵の具(黄土、赤茶)
  • ベーキングパウダー

だいぶ見慣れたラインナップですね(^^#)

avatar

Sarah♡

アクリル絵の具やニスなど
毎号付属するアイテムは後で使う事があるので
余った物はしっかり保管しておこう!

Advertisement

自分で用意するもの

  • 粘土用マット
  • つまようじ
  • ラップ(ポリ塩化ビニリデン素材のもの推奨)
  • クッキングシート
  • アルミホイル
  • カッターの刃
  • アクリル絵の具(うす茶、こげ茶、赤、緑)
  • ニス
  • 平筆(絵の具とニス用)
  • 粘土スケール
  • プレス器
  • ピンセット
  • 定規
  • 水入れ
  • 歯ブラシ
  • 手芸用ボンド

今回アルミホイルをレタス作成時に使用しますのでお忘れなく(´ε` )

作り方のコツ、感想

それではイングリッシュマフィンサンドを作ってみた感想などご紹介していきます!

今号は作成するパーツが多いので時間の無い方は一気に作ろうとせずに少しずつ進めていくと良いと思います(v^ー°)

私も今回は全行程を2日に分けて制作しました!!

マフィンやハムを押しつぶす時は…

以前、第8号のガトー・マカロンについて記事を書いた時にもご紹介しましたが

複数必要なパーツをなるべく指定の大きさに揃えてプレス器で押しつぶしたい場合には
紙に希望の大きさの直線または円をあらかじめ描いておきクリアファイルに挟み、それを粘土マットの代わりにして使うと簡単にパーツの大きさを揃える事ができますよ♡

↓こちらで画像付きでご紹介しています

樹脂粘土でつくるミニチュアフードVol.8〜ガトー・マカロン作ってみた〜
Advertisement

マフィンを更にリアルにする方法♡

実際に食べた事のある方ならご存知かと思いますが、
イングリッシュマフィンは生地の表面にコーンミールがついていてブツブツとした独特の質感であったり、焼いた時の切り口のザクザク感がたまらなかったり…

私はそれもしっかり表現しておきたかったので、ちょっと工夫しました☆

表面の質感はつけすぎる位が◎

マフィンの表面に歯ブラシを使って質感をつける時には、結構たくさんボコボコを作っちゃいましょう!

これくらいで良いかな?と遠慮してつけちゃうと、レンジで加熱した際に粘土が膨らんで質感が薄れてしまう事があります(´Д`。)

※ただし押しつぶしすぎてマフィンの形が崩れてしまわないように注意が必要です!

あくまでも表面の質感だけ大げさにつけちゃうようにしましょうね♪

切り口に追加で粘土を…

更にリアルに仕上げたい方は、もう一工夫(^o^)

まず乾燥したマフィンの切り口に生地と同じ色の粘土を少量薄く伸ばして貼り付けて、歯ブラシで強めにゴシゴシと質感をつけます

切り口に粘土を追加

追加した粘土が乾燥したら、黄土と薄茶のアクリル絵の具で表面と同じようにほんのり着色するとイングリッシュマフィン独特のサクサクを表現する事ができますよ♪

全てのパーツを接着するとあまり見えないのですが、細部にまでこだわりたい方にはオススメします♡

Advertisement

レタスの大きさについて

本の指示通りの分量でレタスを作ったのですが
乾燥させて、いざマフィンに挟んだ時にちょっぴり大きいかな〜と思いました

ほんのちょっと一枚のレタスに使用する粘土の量を減らしてお好みで調整してみても良いかもしれませんね!

マフィンの着色具合は?

今回も着色の過程を載せておきます♡

着色の過程

①黄土
 うすーく全体的に表面に塗り広げていきます
 側面には塗らなくてもOK!お好みで!

②うす茶
 黄土を塗った上に様子を見ながら着色していきます
 ムラを出しつつ塗ったほうがイングリッシュマフィンっぽくなると思います

塗りが上手くできない方はぜひ参考にしてみてくださいね(´∀`*)

Advertisement

Sarah♡の勝手に評価コーナー

少しは定着してきましたでしょうか?(笑)
勝手に評価コーナー!!

5段階評価で、3を基準(普通)とし、最低評価は0でいきます!
それぞれの見方は以下の通りになります〜

難易度 簡単 → 難しい
所要時間 短い → 長い
楽しさ 楽しくない → 楽しい
インスタ映え度 映えない → 映える

インスタ映え度だけは星最大6つで評価していきます!

難易度 ★★★☆☆

必要な具材が多く見た目もボリューミーではありますが、
特に難しい技術を必要とせず挑戦しやすい作品だと思います♪(´ε` )

シンプルな形のものが多いからでしょうね!

所要時間 ★★★☆☆

こちらも星3つでちょうど良い所要時間です!

私は2日に分けてちょこちょこ作りましたが、
薄くて小さめのパーツが多いので乾燥にもあまり時間がかからないので、1日あれば仕上げられます◎

楽しさ ★★★★☆

これは個人差があると思うのですが、それぞれ作ったパーツを1つに接着する時が結構楽しいんですよね♡

具材の並べ方でもイングリッシュマフィンの表情が少し変わってくると思うので、色々と試してみて楽しむのも良いと思います!

インスタ映え度 ★★★★☆☆

結構映えちゃう星4つです♡

お皿の上に乗っけたり、以前作ったクロックマダムと並べたり
目玉焼きを一緒に添えたり…
朝食をイメージしたアイテムを並べて写真を撮ってみてはいかがでしょうか(^―^)

Advertisement

第11号の総合評価は?

Sarah♡の総合評価は星3.5!

すみません!このコーナーで初めての小数点をつけてしまいました(笑)

星4つにするか迷いましたがもう少し本の中での説明を丁寧に(細かい部分まで)して欲しかったのと
毎号後ろの方にある”パンとスイーツのこぼれ話”が全く無かった事が少し不満だったので星0.5マイナスにしました(´A`。)

イングリッシュマフィン、全くこぼれ話が無いって事はないと思うんですけどね〜?
なぜ今回はカットされたのか不思議でした!

Advertisement

まとめ

今回は樹脂粘土でつくるミニチュアフード第11号
イングリッシュマフィンサンドについてご紹介しましたが、いかがでしょうか?

だいぶ食べていないので、久々にイングリッシュマフィン買いたくなっちゃいました♡
今度パンのコーナーを探してみようと思います!

では、今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました♪

次回は第12号、ガーリックトーストをご紹介していきます♡
5月15日に発売されたものです!


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアフードへ

↓その他ミニチュア関連記事はこちら↓

樹脂粘土でつくるミニチュアフードVol.10〜ダノワーズ作ってみた〜 樹脂粘土でつくるミニチュアフードVol.9〜パン・オ・ショコラ作ってみた〜

ミニチュアフードカテゴリの最新記事