樹脂粘土でつくるミニチュアフードVol.6-2〜クロックマダム作ってみた〜

樹脂粘土でつくるミニチュアフードVol.6-2〜クロックマダム作ってみた〜

皆さんこんにちは、Sarah♡です
3月に開設したTeatimeBlog、ついに今回で20回目の記事更新になりました♪
少しずつ見てくれる方も増えてきて嬉しい限りです!

まだ慣れていないので毎日更新はできていませんが、頑張って少しずつ記事数を増やしていきたいと思っています(∩´∀`)
今後とも当ブログの応援よろしくお願い致します!

さて、今回も前回に引き続き樹脂粘土でつくるミニチュアフード、第6号のクロックマダムを作っていきますよ〜

ここまでの過程はこちらの記事をご覧ください♡

樹脂粘土でつくるミニチュアフードVol.6-1〜クロックマダム作ってみた〜

↓Amazonなら送料無料です↓


ミニチュアフード(6) 2019年 4/10 号 [雑誌]

目玉焼き

ではあと1つ、残っている目玉焼きのパーツを作っていきます!
目玉焼きはSarah♡的に今回つくるのが1番楽しかったです(≧∇≦)

まず黄味の部分を作っていきますが、これはとっても簡単で黄色と赤のアクリル絵の具を使って黄味の色に着色した粘土を小さく丸めて少〜しつぶすだけでOK♪

形が出来上がったら、このパーツは乾燥させておきます

黄味のパーツ

黄味を乾燥させている間に白身の部分をつくっておきますよ!

まずは白いアクリル絵の具で着色した粘土を小さめに取り、白身の形をイメージしながら指先でつぶしていきます

つくりたい白身の形が出来上がったら、粘土の周りのふちの部分をところどころ つま楊枝でツンツンと刺して質感をつけていきます (o゚3゚)σツンツン

avatar

Sarah♡

歯ブラシを使用してもOK!!



白身が完成したら先に作っておいた黄味のパーツとドッキングさせ、乾燥させます◎
このとき黄味を乗せたい部分につま楊枝の裏の丸い部分で凹みをつけておくと黄味を押し潰してしまわずにはめ込むことが出来ますよ〜(´ω`*)

白身につま楊枝で質感をつける

白身の部分が乾いて黄味とくっつかない場合は少し手芸用ボンドを使ってくっつけると良いです

粘土が乾燥したら、よりリアル感を出す為に着色していきます!
黄色と赤の絵の具を混ぜてオレンジ色を作ったら、黄味の部分にだけ塗ります

次に黄土と赤茶の絵の具で白身の周りの焼き色をつけていきますよ♪
私は薄い焼き色の部分と、焦げ目の部分もできるようにバランスを見ながら濃淡をつけて着色していきました

完成した目玉焼きのパーツ

クロックマダムに乗せるのではなく目玉焼きだけを作りたい場合は、このあとニスと白の絵の具を混ぜたものをうっすらと目玉焼き全体に塗って完成です♡

これで全てのパーツが完成しました!

Advertisement

クロックマダムを仕上げる

いよいよパーツを合わせてクロックマダムを仕上げていきます☆

avatar

Sarah♡

どんな感じになるか楽しみ〜!!

まず前回の記事で作っておいたパンにハムをサンドしていきますよっ

ハムをパンでサンドした状態

パーツとパーツは手芸用ボンドで接着します

パンで挟んだときにハムがはみ出て見えて欲しいので、下の画像のようにあらかじめハムを少しずらして接着してみました(人´∀`)

ハムを置いた位置

ベシャメルソースをつくる

パーツをサンドしたら、上にかけるベシャメルソースを作ります

黄色のアクリル絵の具で薄〜くクリーム色に着色した粘土に水を加え緩くしてベシャメルソースに見立てるようです♪

私はアイスについている木のスプーンで粘土を潰しながら混ぜていきました!
終わったらそのままスプーンを洗わずに捨てられるので便利でオススメです♡

粘土を溶かして作ったベシャメルソース

次にベシャメルソースをパンの上に塗っていきます!
乾くと縮んじゃうみたいなので、たっぷりめに塗った方が良いですよ〜(*^-^)

ベシャメルソース大好きなので気持ち分更に盛りました(笑)

ベシャメルソースを塗った状態

こんな風にところどころ垂らしてみるのも可愛くてオススメです♡

目玉焼きを乗せる

ベシャメルソースをたっぷり塗り広げたら、乾かない内に目玉焼きのパーツを乗っけます(*´3`)

目玉焼きを乗せた状態

そして先ほども書いたように、ニスと白のアクリル絵の具を混ぜたものを黄味を中心に目玉焼き全体にうっすらと塗り広げ、乾燥させます

このときベシャメルソースの部分にはまだニスを塗らなくてOKです!

ベシャメルソースを着色する

乾いたのを確認して、ベシャメルソースに色を塗っていきまーす
黄土、うす茶、こげ茶のアクリル絵の具を使ってベシャメルソースとチーズを表現していきますo(´∇`*o)

Sarah♡は黄土をベシャメルソース、うす茶とこげ茶を溶けて焦げ目のついたチーズの部分に塗っていきました!
チーズはパーツを乗せている訳ではないので、頭の中でイメージしながら着色すると良いと思います

黄土の絵の具を塗った状態

黄土は表面の全体的に↑
うす茶とこげ茶は部分的に様子を見ながらちょんちょんと塗りました↓

うす茶とこげ茶の絵の具を塗った状態

焼き色がついて美味しそうになりましたね〜♡
ここまで来たらもうほとんど完成です

パセリとコショウを乗せる

アクリル絵の具が乾いたら、全体的に薄くニスを塗っていきます
ツヤは出過ぎないようにすると良いみたいです◎

ニスが乾かない内に、前回作成したパセリとコショウをパラパラと乗せますよっ
ピンセットでバランスを見ながらくっつけていきます

前回作ったパセリとコショウ

これで全行程が終了しました♡
Sarah♡のつくったクロックマダムはこちらになります↓

完成したクロックマダム

割としっかりと色をつけたので、こんがりと香ばしい香りがしてきそうなクロックマダムに仕上がりましたo(^∀^*)o

おわりに…

今回はクロックマダムを作ってみましたが、皆さんは上手にできましたか?
回を重ねるごとに色々な表現の仕方やパーツの作り方を学ぶ事ができて楽しいです(*´∀`*)ゞ

ちなみに今回も完成したミニチュアフードを使って写真を撮ってみました↓

シンデレラとクロックマダム

シンデレラがトレメイン夫人(継母)に朝食を用意したイメージです(笑)

さて、ここまでお付き合いいただきありがとうございました♡
この記事が気に入ったという方は、はてブやTwitterでシェアしていただけると励みになります♪

次回は樹脂粘土でつくるミニチュアフード第7号、パン・オ・レザンの作ってみたレポを更新予定です
また次回お楽しみに〜♡♡

↓Amazonなら送料無料です↓


ミニチュアフード(7) 2019年 4/17 号 [雑誌]

↓その他ミニチュア作成レポはこちら↓

樹脂粘土でつくるミニチュアフードVol.6-1〜クロックマダム作ってみた〜 樹脂粘土でつくるミニチュアフードVol.4-2〜カシスのホールケーキ作ってみた〜

ミニチュアフードカテゴリの最新記事