樹脂粘土でつくるミニチュアフードVol.6-1〜クロックマダム作ってみた〜

樹脂粘土でつくるミニチュアフードVol.6-1〜クロックマダム作ってみた〜

皆さんこんにちは、Sarah♡です
数日遅れで私の元にも定期購読で5号&6号が届きました〜

前回よりは早く届いてくれたので良かったです♪
今後は発売日に到着するようになってくれるともっと嬉しいですd(^^*)

Amazonだと発売日当日には届くのでしょうか?
今後またあまりにも遅れる事が多いようなら定期購読解約してAmazonで予約購入しようかと思っています◎

今号の内容

アシェットから発売中の樹脂粘土でつくるミニチュアフード第6号
今回もSarah♡の作ってみたレポにお付き合いください♪

樹脂粘土はほとんど触った事がありませんでしたが、写真付きでわかりやすい説明がついているお陰で私もだんだんと樹脂粘土でのミニチュア作成に慣れてきました!


ミニチュアフード(6) 2019年 4/10 号 [雑誌]

材料もついてくるので、初心者さんでも始めやすいのが良いですね◎

つくれるもの

今号でつくれるのはクロックマダム♡

クロックマダムのミニチュア

あまり馴染みの無い方もいらっしゃるかもしれませんが、食パンにハムやチーズをサンドしたものにベシャメルソースと目玉焼きが乗っかっている贅沢で美味しい朝食メニューです!

avatar

Sarah♡

Sarah♡の好物でもあります

付属アイテム

6号に付属しているアイテムは全部で4つ

  • 樹脂粘土(白)
  • アクリル絵の具(黄色、赤)
  • ベーキングパウダー

この他に、これまでのバックナンバーに付属していた以下のアイテムも使用します

  • アクリル絵の具(黄土、うす茶、赤茶、こげ茶、緑、チタニウムホワイト)
  • ニス

余ったアイテムは今後も使用する事があるので、毎回大切に保管しましょう〜♪

おすすめの作成順序

つくり始める前に…
今回はパーツをいくつか作らないといけないのですが、乾燥時間などの関係もあるので先に作る順序を計画しておいた方が良いですよっ

Sarah♡のオススメの作成順序を参考までに残しておきます↓

  1. パセリとコショウ(2〜3日乾燥の必要有り)
  2. 食パン(レンジを使用しない場合2〜3日乾燥の必要有り)
  3. 目玉焼きとハム
  4. 1〜3で作成したパーツの着色
  5. パセリとコショウを削る
  6. ベシャメルソース
  7. 仕上げる

今回は完成までに結構時間がかかるみたいですね!

avatar

Sarah♡

気長に作っていきましょ♪

パセリとコショウ

では、始めますよー!
まずは乾燥に時間がかかるパセリとコショウを作っていきます

本に載っている方法だと、白の樹脂粘土にアクリル絵の具で緑とこげ茶の色を付けて乾燥させるのですがSarah♡は違う方法(というか粘土)を使いますよっ

以前カシスケーキをつくった時にも書いたのですが、濃い色を付けようとすると沢山の絵の具を使用するので粘土がベチャベチャになってしまうんですね…

↓以下の記事参照↓

樹脂粘土でつくるミニチュアフードVol.4-1〜カシスのホールケーキ作ってみた〜


今回は乾燥させた緑とこげ茶の粘土を細かく削ってパセリとコショウに見立てる必要があるので、粘土がベチャベチャの状態になっていると乾燥するまでにかなり時間がかかってしまいますよね。

なので私はカラー粘土を使用しちゃいますよ〜(*´∀`*)ゞ

ちょうど実家に母の使っていなかった乾きかけのカラー粘土があったので、それを更に乾燥させる事にしました!

乾燥させた粘土

元が乾きかけだったので1日乾燥させただけで済みましたよ(´∀`)

この後乾燥した粘土をデザインナイフで削るそうなのですが、私はおろし金を使って削っちゃいます☆
Twitterで皆さんがやっているのを参考にさせていただきました!

使用したのはダイソーで購入したステンレス薬味おろし金です↓

使用したおろし金


今後も何か削る際に使えそうなので皆さまもぜひお試しあれ〜

削った粘土とおろし金

これでパセリとコショウの完成です
クロックマダムの完成までしばしスタンバイしててもらいます(ノ*゚ー゚)ノ


樹脂粘土セット 工具 アクセサリ 説明書 付き ポリマー ハンドメイド 手芸 知育 初心者 (24色セット)

食パン

続いて食パンを作っていきますが、電子レンジを使用する予定の方は先に次の目玉焼きとハムを作っていても良いかと思います!

粘土に黄土の絵の具で着色したら正方形の食パンの形を作り、歯ブラシなどで粘土に質感を付けます

食パンの形にした粘土

以前サンドイッチを作った際の教訓で、今回は角のエッジをきつめに摘んで立ててみましたよ(・∀・)∩
これはお好みだと思うので好きなようにやるのが良いと思います♪

電子レンジで加熱して粘土が固まったら食パンをスライスしたのち着色していきま〜す
アクリル絵の具で塗っていきますが、Sarah♡の場合は濃くなりすぎないように水でかなり薄めた状態の絵の具を少しずつ塗るようにしていますよ!

avatar

Sarah♡

様子を見ながら塗るのがポイント!



絵の具の薄め具合

着色の細かい過程はサンドイッチを作成した際のレポをご参照ください↓

樹脂粘土でつくるミニチュアフードVol.3-1〜サンドイッチ作ってみた〜

ちなみに私はスライスした際の断面が綺麗にできていなかったので、本で紹介されていた表面に粘土を追加で貼り付けて質感をつける方法で修正しました

表面を修正した粘土

レンジを使用しない方は、気泡ができないと思うのでこの方法を使った方が良いかもしれません♪

これで食パンも完成しました(≧∇≦)

Advertisement

ハム

ハムも以前サンドイッチで作成しましたね♡
丸い粘土をプレス器で平たく伸ばすだけなのでとっても簡単です

私はピンクの粘土に黄土で着色した粘土を混ぜ込んでマーブル状のようにして伸ばしました
着色した状態の粘土がこんな感じです↓

マーブル状に着色した粘土

ここから小さい丸を作って、プレス器で平たく伸ばしていきます

伸ばした粘土が乾いたら、こげ茶の絵の具で円の淵をちょんちょんとたたくように着色してブラックペッパー付きのハムに仕上げました!

お好みにもよりますが、皆さんもお試しくださいなっ

目玉焼き

このあと目玉焼きのパーツを作成していきますが…ちょっと長くなってしまうので次回に続きます(((¬ ̄▽ ̄)¬

目玉焼きのパーツ

Sarah♡的には目玉焼きのパーツを作るのが1番楽しかったです♡
余分に作ったので何か他の食べ物をつくる時や、ミニチュア遊びをする時に使おうと思ってます( ´ ▽ ` )

パーツが徐々に増えていって作品が完成に近づくのってわくわくしてきますね♡
次回クロックマダムを完成させていきますので皆さんぜひご覧ください!

それでは今回もご覧いただきありがとうございました
また明日更新しますのでお楽しみに〜(´ω`♡)

↓その他のミニチュア制作レポはこちら↓

樹脂粘土でつくるミニチュアフードVol.5〜バゲットとバタール作ってみた〜


↓Amazonなら配送料無料で購入できます♡↓


ミニチュアフード(6) 2019年 4/10 号 [雑誌]

ミニチュアフード(7) 2019年 4/17 号 [雑誌]

ミニチュアフードカテゴリの最新記事